--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017.04.24 02:33|雑記
最近、少女小説を読み返しています。
「赤き月の廻る頃」「六蓮国物語」「首の姫」「おこぼれ姫」「桜乙女」「浪漫邸」……。二年間くらい少女小説と離れていた、というか色々行ったり来たりしていたので、巻が途中で終わっていたり、内容をぽーんと忘れていたりしていて、もう一度読み返すのを楽しんでいます。
私は多分、一途なものが心底好きなんだなと最近よく思います。エンターテインメントの中でそうでないものを見るとひどく嫌悪してしまうほど。けれど少女小説はまったくそういうのはないので、なんというか、そういうところにまた惹かれ始めているんだろうなと思います。自分に合うジャンルという枠の一つに私は少女小説があるのだろうなと。
新刊まで辿り着いたら、感想もぼちぼち書いていけたらなと思います。
スポンサーサイト
2017.03.22 19:58|発売日メモ
3/25 うちの執事に願ったならば (角川文庫)/高里椎奈
3/29 すべてはあの謎にむかって(新潮文庫)/川上未映子
4/13 七つ屋志のぶの宝石匣(4)/二ノ宮知子
4/25 敗者たちの季節(角川文庫)/あさのあつこ

何か書くことないかなと思いつつ。読んだとしても本の再読ばかりで……笑。
今夜ACCA11話ですね、楽しみです。
2017.01.09 20:38|読了本のまとめ
喪中につき新年の挨拶は控えさせて頂いておりますが、今年もどうぞよろしくお願いいたします。
2016年は、環境に変化があったせいか読書も今までのようにいかず、冊数も寂しい感じになってしまいました。また部屋にある本の冊数が凄まじいことになっていたのもあり、再読したものが多いです。うちの執事とか氷菓とかミスティレッドとか。
いずれ落ち着いたら、本の整理をして、キンドルを活用していけたらなあと思います。少女小説たくさん読みたい。

あと雑談ですが、去年の上半期は、鹿児島、鳥取、大阪と旅行に行きました。どれも貧乏旅行でしたが楽しかったです。鳥取にはまた必ず行きたい。今年は友人に会いに東京に行けたらなあと思います。

続きを読む >>

2016.12.13 00:06|発売日メモ
12/12 骨董猫屋/鷹野 久
12/22 怪しい店(角川文庫)/有栖川有栖
01/28 狩人の悪夢/有栖川有栖

2016.10.04 19:59|発売日メモ
10/05 夏目友人帳 21
10/06 黒猫の約束あるいは遡行未来
10/13 長閑の庭(4)
10/14 十十虫は夢を見る(8)
10/15 おこぼれ姫と円卓の騎士 白魔の逃亡
10/21 月に吠えらんねえ(6)
11/09 向ヒ兎堂日記(7)
11/11 七つ屋志のぶの宝石匣(3)
11/25 うちの執事が言うことには 9 
11/30 (仮)いまさら翼といわれても

古典部シリーズの新刊!! 黒猫も書き下ろしがあるらしく楽しみです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。